定年について考える

フリーランスを始めたIT業界のエンジニアには実質的には定年がなくなる。雇用されている立場ではなくなる事から年齢を気にせずに働けるようになるという魅力があり、自分で好きなタイミングで定年として仕事をやめる事が可能だ。

独立してからはクライアントの企業から仕事の依頼を受けて、それに従って業務を行ったり、必要なシステムを開発して納品したりする事により報酬を手に入れていく。固定的に仕事の依頼をしてくれるクライアントの獲得に成功すると晩年になっても安定して仕事の依頼をくれるようになり、独立してからの収入も安定するようになるだろう。

しかし、そのようなクライアントが見つからない限りは実力で仕事を勝ち取っていかなければ仕事の依頼を受ける事はできない。その競争に負けるようになってしまうと収入が途絶える事になり、たとえ若くても実質的には定年になってしまうという事を認識する事が大切だ。

クライアントとしてはたった今、必要なスキルを持っているエンジニアに仕事を依頼したいと考えるため、古いスキルしか持っていないエンジニアに仕事を託そうとはあまり考えない。新しいスキルを持っているエンジニアに負けないようにスキルの維持獲得に努力する事が独立したエンジニアには欠かせないものであり、それを続ける事によって定年を決める自由が得られる。それを怠ってしまうとニーズに応えられないエンジニアとなって働けなくなってしまうのだ。