独立の魅力と注意

IT系の仕事は上から任された業務を淡々とこなすもの。顧客や会社の要望に沿った企画を提出して会議で承認を得て…そう考えている人は多いだろう。
しかしながら内には独立への願望が沸々と湧き上がっている。やりがいと高収入を求めて…。

実はそういった人々は多く、例年一定以上のITベンチャ―企業が旗上げされている。
そういったITベンチャー企業とは一体どのような業務をしているのか。勿論プログラミングや打ち合わせなどは基本的な業務となるのだが、ITといってもジャンルは様々で、その業務内容は多岐にわたる。しかし多くのベンチャーで一貫して同じ事であるのが、顧客や会社の方針に縛りが少なく、自身の考える事、やりたい事をできるという点である。一発逆転やイノベーションが主な点にあるので、その実大手にはできない事が大いにできる。それはITベンチャーにおける業務内容に直結する。
日常に転がる顧客のニーズに自分のアイデアとITで応えるというのが基本的なITベンチャー企業の業務内容だ。

良いアイデアさえあれば会社は成長するが、それは同時にリスクであり、アイデアの枯渇や良質なアイデアを生む事ができなければ1年もたたないうちに閉業という事も少なくない。
仕事量については望むだけあるといっていいが、仕事一つ一つのスピード感は早く、納期なども短い。フォローもなく1人での挑戦という感覚が大きくある。IT企業からの独立を目指す場合は、こういった点に注意が必要になる。